こんばんは、ミウラです。
COMPをはじめ、日本国内で販売される完全食をほとんど食べてきました。

完全食について少し調べたことがある方なら、COMPという企業・製品を目にしたことがある方もいいんじゃ無いかと思います。

今回の記事では、COMPとはいったいどんな企業なのか、どんな完全食を取り扱っているかについて書いていこうと思います。

本記事の内容

  • COMPの歴史【漫画化できそうなくらい面白いです。】
  • COMPが取り扱ってる完全食と、その感想

COMPとはいったい何?

順番に書いていきます。

COMPの歴史【ドラマ化できそうなくらい興味深い。】

『完全食』として初めて世に出たものは、Soylent(ソイレント)というアメリカの製品ですが、このSoylentという商品には2つ問題がありました。
まず1つめは、2020年2月現在でも未だに日本では公式販売されていないこと。
そして2つめは、Amazonで手に入る転売らしきものもは1食あたり1,000円以上もすること。

そんな状況を打破するために、「じゃぁ自分で作っちゃえばいいじゃん?」と鈴木優太さん(株式会社コンプ 創業者)は考え、オリジナル完全食の開発に取り組み始めました。
開発の過程・レシピについては、完全食を自作するwikiに事細かに書かれています。
かなり詳細に記述されているあたり、鈴木優太さんが研究者としても優秀だったことが伺えます。

鈴木さんは完全食を開発するにあたって、自作メニューの各バージョンに名前をつけています。
例えば第一世代ならPFJPerfect Food for Japaneseの各頭文字)
第二世代なら、Elixir。第三世代ならXiNADAといった具合です。

そしてこの鈴木さん自作完全食の完成形が、皆さんご存知(?)のCOMPになります。
そして鈴木さんは、このCOMPを武器に株式会社コンプ を立ち上げます。

自分の好きなものをつきつめていって最終的に会社を立ち上げるなんて、かなり夢がありますね。
もちろんwikiには書かれていない苦労もたくさんあったんだと思います。

創業当初株式会社コンプ は、水に溶かして飲む粉末状の製品しかなかったと思います。
しかし今は粉だけでなく、グミやドリンクタイプなど様々な完全食を提供するようになりました。
そのことについては、次の章でお話ししたいと思います。

COMPが取り扱ってる完全食と、その感想

COMP POWDER

豆乳やきな粉飲料に近くてとてもおいしいです。
水にも溶けやすいし、喉ごしもさらっとしています。
詳しくは、【完全食】COMPトライアルセット飲んでみたに書いてあります。

・COMP Drink

完全食の中でこのCOMP Drinkだけ飲んだことがないのですが、味はおそらくCOMP POWDERと近いんでしょうね。
飲んだらまたレビューしようと思います。

参考までに、他の方が飲んでいる感想を貼っておきます。

・COMP GUMMY

COMPトライアルセット届いた。
グミは焼きたてのパンみたいな味がする、不思議

完全食で唯一のグミ。
しかしグミとはいっても、そこらへんのグミとは全然違います。
まずめちゃめちゃ硬いです。満腹中枢を刺激する意図をビンビンに感じます。

そして味が、ニンジンのようなパンのようなかんじ。
こればかりは食べてもらわないとわかりませんが・・・。
要するに、お菓子というよりはだいぶ食事に近い感じのものです。
かといって食事にするような感じのものでもなさそうなので、小腹が空いた時に数粒つまむくらいがちょうどいいでしょうね。

飲料系では、ほぼCOMP一択です。

2020年2月現在、日本国内で手に入る飲料形の完全食はCOMPHuelSoylent(並行輸入、非正規)の3つだけです。
Huelは使い勝手と味に難があり、Soylentは価格と入手性に難があります。
実質、日本で飲料形の完全食といったらCOMP一択です。

それ以外の完全食が気になる場合は、【ライフスタイル別】おすすめの完全食3選Amazonで買える完全食一覧【パスタ、スープ、パウダーetc.】を覗いてみてください。

以上、参考になれば幸いです。

人気記事 【完全食】BASE BREADを172個食べた感想【BASE FOOD】

人気記事 【完全食のスープ】REAT食べてみました【レビュー】

投稿者

MiUPa

怠惰に過ごしています。